プロペシアジェネリックのフィンペシアの使用法

フィンペシアの使用法を説明する医師

プロペシアのジェネリックとして知られるフィンペシア。
効果はほぼ同じ、しかも価格も安いことから人気のフィンペシアの使用方法ですが、プロペシアとの違いはありません。
同様に使えば同等の効果が期待できると言われています。

使用方法は1日1錠、決まったタイミングで飲むだけです。飲み忘れを防ぐためにいつ飲むのかは決めておくべきです。
飲み忘れによって病気の症状が悪化するという代物ではありませんが、フィナステリドの効果を持続するには飲み続けるのが必要と言われているからです。
起床すぐとか寝る前など忘れないタイミングを決めておくことです。

飲み始めて効果がなかなかでないと焦るかもしれませんが、この手の医薬品は即効性はあまり期待できません。3か月は継続して飲んでみましょう。
副作用として性欲の減退などがよく取り沙汰されますが、これは諸説あって思い込みという説が強いです。
これを飲むとこうなると思い込んで実際にその通りになってしまうということです。
とくに性欲はデリケートですから、関係ないと思っていれば全く支障はないはずです。

飲むタイミングに決まりはありませんが、飲み忘れが心配なら朝がいいでしょう。
万が一忘れても夜寝る前までに飲めばいいので安心です。
もちろん飲み忘れないのが一番ですが、朝と決めておけば昼、夜とチャンスがあるので忘れっぽい方には朝の服用がおすすめです。

服用期間は効果を持続したいその期間ずっとです。
効果が出たからと服用をやめてしまうと、ほとんどのケースで効果が徐々になくなっていくと言われています。
フィナステリドは服用を続けることで効果の持続を見込める成分なので、頭皮環境が改善し、それを持続させたいならずっと飲み続けるべきです。

ずっと飲み続けるとなると金銭的な事情も問題になってきます。
できれば安く済ませたいとなると、やはりプロペシアではなく、フィンペシアなどそのジェネリックの方が出費を抑えられるのでいいでしょう。